交通事故 | むちうち

交通事故はいつも突然にやってきます。
そんな時は決して慌てず、下記のことに注意しながら話を進めてください。

1、まずは加害者の確定

交通事故

 

加害者の免許証を見せてもらって、相手の住所、氏名、連絡先、任意保険の有無、保険会社名等、 詳しく聞きます。

加害車両のナンバープレートをメモしてください。

 

※交通事故により双方がケガを負った場合はそれぞれが加害者でもあり、被害者でもある、という解釈になります。

2、事故現場の保全

カメラ

メモ

 

事故直後の現場の状況を写真に撮っておくことが大切です。

 

さらに、事故から間もないうちに、事故当日の行動から事故直後までのあなたの記憶を文書にまとめておいてください。
後々、役に立つ場合があります。

 

人間の記憶は時間が経つと薄れてしまいますから早めの行動が大切です。

3、警察への届出

警察署

 

小さな事故でも必ず警察に連絡を入れてください。

 

その時は症状が出ていなくても、数日たってから痛みが出ることもあります。

 

また、保険金の請求手続には、「交通事故証明書」が必要となります。

 

きちんと事故を警察に届け出て、「交通事故証明書」を申請・取得してください。

4、必ず専門家の診察を受ける

医師の診断

 

事故に遭った直後は興奮しているために、たいしたことはないと思っても、意外に重症であることもあります。

 

事故に遭ったら病院で診察を受けてください。

 

また、診断書を発行してもらい、所轄の警察に提出することも必要となります。

 

診断書の提出により、物損事故から人身事故の扱いになり、自賠責保険での治療費の請求が可能となります。

 

診断書を発行できるのは医師のみです。

 

整骨院(柔道整復師)では診断書の発行はできませんので、まずは病院のドクターの診察を受けてください。

5、自分の保険会社への事故報告

保険会社

 

自分の加入している自動車保険会社や代理店に事故に遭ってしまった旨連絡してください。

 

搭乗者保険を掛けている場合、請求することが出来ます。

 

(請求したとしても掛け金は上がりません)

6、加害者の保険会社から連絡があったら

あたご整骨院 問診

 

保険会社の担当者にあたご整骨院に通院することをお伝えください。

 

事故現場から救急車で運ばれた病院以外(もしくは最初に診察を受けた病院以外)に通院できないと思い込んでいる方がいますが、あくまでも通院場所は患者さんが決められます。

 

特に、初期の治療がとても大切ですので、電気で温めて牽引だけのような治療の医療機関ならなるべく早めに転院することをお勧めします。

 

自賠責保険、任意保険が適用の場合、患者さんの窓口負担はありません。(0円)

7、治療が終了したら

 

施術が終了したら、その旨を保険会社に連絡します。

 

治療期間はケースにより様々で一概にはいえませんが、余程の重症でない限り1〜6カ月ぐらいが目安になります。

 

 

→交通事故に関する豆知識はこちら!

予約・お問い合わせ方法


メールか電話でお問い合わせください。


メールで問合せ


交通事故治療案内電話番号表示


整骨院名 あたご整骨院
院長 和田 響(わだ ひびき)
受付時間 平日  午前9時〜12時 午後15時〜18時30分(要予約)
休院日 木曜午後・日・祝
住所 〒780-0051 高知県高知市愛宕町1-10-21
電話番号 088-823-3923
E-MAIL nat_12400@hotmail.com
URL https://atagoseitaiseikotsuin.com/(一般サイト)
https://kochikoutuujikotiryou.com/(交通事故治療専門サイト)

https://www.facebook.com/kochi.trafficaccident/(フェイスブックサイト)
お支払方法 ・クレジットカード決済(実費のみとなります)
・現金


トップへ戻る